動かない車を下取りに出す時に考えるべき事とは

動かない車の処分方法に悩んだ経験がある人は少ないとは思います。普通は、まだまだ使用できている状態で次の車に乗り換えるという状況になる為、元の車を「商品」として中古車買取業者で買取り、もしくは購入店で下取りをしてもらうという事が簡単に済みます。

ディーラーなどの場合、車の状態がそれほど良くなくとも引き取ってもらうことが出来るので、その金額を購入代金から相殺するという方法で、実質的な割引きを受けることが出来ます。ただ、下取りの場合は比較的評価が低くなりやすい傾向が強く、仮に状態が非常に良い車であっても、期待通りの金額で売れるという事はそれほど多くありません。単純に車の評価の高低だけを評価するのであれば、中古車買取りの方が良い結果が期待できます。

ただし、中古車買取業者は「商品価値」を評価する為、すでに動かない状態の車の場合は、評価が著しく低くなってしまう可能性が高くなります。買取りの場合、引き取った車を整備などをした後で「他の購入希望者に販売する」という方法で利益を生み出します。その為、整備コストなどの「販売までにかかるコスト」が高額になってしまう場合、利益が少なくなってしまうことを理由に安い価格での買取り、もしくは無償引き取り(買取不可)という対応になる可能性があります。

そういったリスクが無い分では下取りの方が安心できるものの、少しでも購入資金の足しにしたいと言った考えがあるのであれば、「手段を選択した買取り」がおすすめになります。

具体的な方法としては、「廃車・不動車専門の買取業者を利用する(動かない車買取)」というものです。十分に商品価値がある車でも買取ってもらうことは可能ですが、専門店であれば車の車としての価値では無く、「車を構成している素材・部品ごとの評価」で買取ってもらうことが出来ます。その為、車としての価値がほとんどない状態であっても一定の評価が期待できます。

多少の面倒は増えてしまう可能性もありますが、金額だけを比較するのであればこういった方法も検討しておいた方が良いでしょう。

SNSでもご購読できます。