乗らない自動車をどう処分するか?~一時抹消と永久抹消の違い~

使用せずに動かない車というのは、例え使用しなくてもそのまま放置しておくわけにはいきません。車検切れの状態となっても自動車税は毎年4月1日に必ず課税されてしまいます。つまり余計な支出が発生してしまうのです。車を使用しないのであれば、誰かに売却するか、あるいは廃車手続きをする必要があります。廃車手続きを行う場合には、一時的に使用を中止するだけであれば『一時抹消登録』。今後全く使用せず解体処分をする場合には解体抹消登録(永久抹消)を選択することになります。

また乗るつもりであれば、一時抹消が良い

まず一時抹消登録ですが、この手続きを行うことによって自動車税の課税はストップします。すでに自動車税を納めているのであれば、抹消登録を行った日の翌月以降の税額が月割りで減額(還付)されます。ただし、軽自動車の場合には金額が低いこともあり還付されません。一時抹消登録には、所有者(あるいは使用者)の印鑑が必要です。さらに車体からナンバープレートを外して陸運局に返却しなければなりません。もし一時抹消登録後に再度車を使用する場合には、中古新規登録という手続きを行えば再使用が可能となります。

一時抹消手続き

自動車重量税の還付が受けられる永久抹消

もう一つの廃車手続きである『解体抹消(永久抹消)』については、一時抹消とは異なり車体そのものが解体されて消滅しますので再使用は不可能となります。ただし、自動車税はもちろんのこと、車検有効期限が残っている場合には自動車重量税の還付を受けられます。解体抹消登録には自動車の解体が絶対条件であり、解体時に業者から出される移動報告番号が必要となります。この番号が無ければ解体抹消登録手続きは行えなくなるのです(一時抹消同様にナンバープレートの返却も必要です)。

永久抹消手続き

廃車手続きは最初に一時抹消を行い、解体後に解体抹消登録を行うということもできます。解体に時間がかかりそうな場合には、先に一時抹消登録を行っておけば、確実に自動車税をストップさせることが出来るからです。このように廃車手続きの際にまず一時抹消を行ってから永久抹消を行う人は少なくありません。

SNSでもご購読できます。