自動車税未納の場合は支払い方法の相談を

自動車を所有していると、必ず納めなければならない税金が自動車税です。毎年4月1日の時点における自動車の所有者(あるいは使用者)に納税義務が生じます。税額は車種によって異なりますが、普通車の場合には数万円。軽自動車の場合は7200円程度の税額となります。

自動車税の支払い方法

支払い方法はコンビニや金融機関で使用できる振込書で支払うか、クレジットカードやネット銀行によるペイジー支払いといった方法があります。この自動車税は殆どの都道府県で5月31日が納付期限と定められていますが、実際には1ヵ月程度遅れても特に問題はありません。しかし、普通車の自動車税については金額が大きく、納税期限から1ヵ月以上経過しても納付ができず、未納の状態となってしまうケースも少なくありません。

2ヶ月間未納であれば、多くの都道府県では自動車税担当部署から督促状が送られてきます。ただし、この段階では(支払いが滞っている)という連絡です。最初の催告状でも納税しない場合には再び催促状が送られてきます。それでも未納の場合には督促状が送られてくることになり、ここで初めて差し押さえのことが記載されてきます。つまり、自動車税を未納のまま放置しておけば、最終的には給与や預金口座、動産などの差し押さえを受けてしまうことになるのです。ですから自動車税の未納はなるべく避けておきたいところです。

自動車税を払えない場合はどうする?

もし、税金の支払いが困難であるような場合には、各都道府県の自動車税担当部署に直接赴き、直に支払い方法についての相談をするのが得策です。担当者によっても異なりますが、多少の猶予を認めてくれる場合や、無理のない金額での分割払いなど納税方法を考慮してくれる可能性があります。ただし、自動車税の免除や減額については認めてもらえることはありません(身障者などについては減免措置が設けられています)。もちろん窓口で直接相談をして、支払いの約束をした以上は必ず納めなければなりません。

SNSでもご購読できます。