自動車税未納で名義変更をする時の注意点

乗らなくなってしまった車をいつまでも保管しておいても特にメリットは無いので、出来るだけ速やかに処分手続きに着手した方が賢明です。もし、いずれまた乗る可能性があるのであれば、場所さえ確保できれば保管していても良いでしょう。ただ「売却」することを前提としている車であれば、高く売れるタイミングを見計らって売ってしまった方がメリットが大きくなることがほとんどです。

中にはプレミア評価がついて高額で買取ってもらえる可能性もあります。しかし、それはごく一部です。普通は古くなればなるほど価値が下がっていくだけでなく、適切なメンテナンスを行いながら保管しておかなければ著しく評価が下がってしまうため、売却までの期間も室温・湿度・エンジンなど内部的な管理などに多大な労力を取られてしまいます。一旦、廃車にしてしまえば税金はかかりませんが、その手続きをするためには若干の労力が必要です。

さて、タイトルにもある「自動車税未納状態」での売却についてですが、まずは「どのような目的で車を買取っている業者に売るのか」が重要です。

一般的な中古車買取業者やディーラー・販売店などに売る場合、主な目的は「転売」です。買取った車を売れる状態に整備し、購入希望者に販売するというのが主となります。その為、いずれは車検を取得することになるのですが、この時に自動車税が未納の場合は車検を受けることが出来ずにトラブルが発生する可能性が高くなります。

車を手放す際、一旦は名義変更で買取業者名義に変更するのですが、これ自体は納税しているかどうかは関係ありません。しかし、最終的に完納していることが重要になってくるため、売却時に納税状況を確認されたうえで未納の場合は契約出来ない可能性があります。

廃車買取り専門店などの様に、車自体を転売することが無い買取業者に売却する時には、いずれ車検を取得する可能性が低いのでリスクは減ります。名義変更だけで済むのであれば、未納でも契約できる可能性があります。ただ、いずれは納税しなければいけないことに変わりはありません。結局のところ、完納状態で売却するようにした方が賢明でしょう。

SNSでもご購読できます。