故障車・事故車・水没車などは所謂不動車に該当します。修理を行えばまた乗れるようになるかもしれませんが、ただ高額の修理費用が掛かってしまうことが多々あります。買い替えをした方が結果的にお得だったりもしますから不動車ですと処分に回されてしまうことが少なくありません。

不動車ですと費用を掛けて処分をするのが当たり前のように思われるかもしれませんが、しかしながらまずは買取に出してみることをおすすめします。恐らく買取に出しても無駄という考えを持っている方も多いかと思いますが、それは誤った認識とも言えるのです。実は不動車にも価値がありますから売れる可能性もあり、ひょっとしたらプラスになる可能性もありますよ。

わたしも以前に愛車が故障してしまい、修理の為には安い中古車が購入できるくらいの費用が掛かると言われてしまったことがあります。費用を掛けるくらいなら別の車を買おうと思い、不動車に関しては廃車処分しようと考えていました。

ところが念の為という気持ちで買取査定を受けてみたところ、不動車にも関わらず買取をしてもらうことができたのです。

しかも予想外の高価格で売れましたし、迂闊に廃車処分していたら大損をするところでした。その時からもし愛車が駄目になってしまった時でも買取に出すようにしようと決めているのですが、しかし恐らく売ることはできないと思い込んでいる方もまだまだいると思いますので、そういった方には諦めずにまずは査定を受けてみることをおすすめしたいですね。

不動車の場合、下取りはダメ。必ず専門店へ買取に出しましょう

故障や事故で動かないクルマのことを不動車といいますが、ディーラーに相談すると、多くの場合、廃車を勧められることでしょう。

ディーラーで廃車の手続きを行うと、引取り費用とか、解体・スクラップ費用、あるいは廃車手続き代行費用などの名目で手数料が請求されます。廃車にするには費用がかかるものと思っている人が多く、様々な手数料を請求されても特に問題とは感じないことでしょう。

しかし、実は廃車にしなければならないような状態であっても買い取ってくれる業者があるのです。このような業者の多くは海外に販売ルートを確保していることが多いです。

つまり、国内では買い手がいないような状況でも、海外では買い手がある場合は少なくないのです。日本人はある程度古くなったクルマを買いたいとは思わない物ですが、これはクルマに価値がなくなったというよりも、日本人でほしいと思う人がいないので、価値がなくなったにすぎないのです。

しかし、海外に行けば古い日本車を修理して乗っている人は大勢います。だから、まずそのような買取業者から査定を依頼してみることをおすすめします。仮に、海外に買い手がいない場合でも、部品取りなどのリサイクルに使えるので査定額がつくことが多いです。